ロハス

手編みオーガニックコットンベビー用品多数!Pacific Baby


暮らしとショッピング



健康サポート

サントリー健康食品オンラインショップ

2009年05月17日

田川市で「川渡り神幸祭」開幕 金ぴか神輿 80人わっしょい 風治八幡宮

田川市で「川渡り神幸祭」開幕 金ぴか神輿 80人わっしょい 風治八幡宮 西日本新



田川市で「川渡り神幸祭」が開幕した16日、同市には各地の観光客や、「正月には帰らねど祭りには帰る」という、のぼせもんが集った。今年の目玉は45年ぶりに修復され、黄金色に輝く風治八幡宮の神輿(みこし)。担ぎ手たちはもとより、見学客もうっとりと見入った。  神輿は1920年に京都から購入。1.5トンの重さは西日本一とされるが、これまで一度しか直されず傷みが激しかった。
 神輿には神様を乗せ、ほかの幟(のぼり)山笠を先導して川を渡る。そんな重要な役割を担う神輿の修復は、「みこしをかつぐ会」(平田公禎会長)や、各地区の担ぎ手たちのたっての願い。市民にも協力を呼び掛け、浄財が集められた。
 昨年7月、京都の業者に修復を依頼。完成まで会のメンバーたちは何度も京都を訪れ、修復業者からも「こんなにも思い入れのある人たちが担ぐのなら、やりがいがある」と言われたという。
 今年は80人が「わっしょい」と声を掛け合って金ぴかの神輿を担ぎ、川へ。同会副会長の諸隈達也さん(47)は「感慨無量です」と強く語った。
■汚水遮断効果は?
 〇…家庭や工場からの排水で汚染が進む芳ケ谷川から、メーン会場彦山川への流入を遮るため、田川市などは初の試みとして土のうで水を締め切った。
 ただ、今年は開幕前に雨が少なかったことで、そもそも彦山川の水質がいまひとつだった様子。川から上がった内田裕章さん(47)=田川市春日町=は興奮した面持ちで「水がきれいだろうと汚かろうと、(責任者に)行けと言われたら行くだけ」と、のぼせもんらしく熱っぽく語った。
■唯一の「踊り山笠」
 〇…五番山笠「橘」は、実際に川を渡る「幟(のぼり)山笠」とは別に、台上で女の子たちが舞う「踊り山笠」を継承する。この日も午前11時から地元の伊田商店街など9カ所で、あでやかな着物姿で化粧を施した3‐9歳の9人が「とおりゃんせ」「神楽面」などを披露した。
 踊り山笠は大正時代に始まり、かつてはほかの地域にもあったというが、踊り子が少なくなった現在も継続するのは橘だけ。区長の江頭恵さん(74)は「伝統を大切にすることは、私たちの誇りです」と話した。
■清掃活動に500人
 〇…日本たばこ産業(JT)は神幸祭に合わせ、田川市番田町のたがわ情報センターで、来場者にごみを拾いながら祭りを観覧してもらう清掃活動「ひろえば街が好きになる運動」を行った。
 「ごみを捨てる側から拾う側に」と、JTが6年前から全国の祭り会場で実施する活動。神幸祭会場では昨年に続いて2回目。

 シャトルバスの発着点である同センターに置かれたブースでは、ごみ袋と拾いばさみ約500セットを配布。親子連れや、会社単位で参加する人もおり、参加賞としてエコバックが配られていた。


ベネトン キッチンエコバック フォントタイプ
ベネトンキッチンエコバッグ フォントタイプが登場。クルクル丸めて、可愛らしくコンパクトにまとまります♪
525円

posted by terry at 07:24| Comment(0) | TrackBack(1) | ロハス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

逆.えんで37マ.ン稼げたwww
Excerpt: ツレがもうかったっていってたから試してみたらマジでナマでハメまくってるだけで37マ.ンもらったw しかも中.出しが当たり前だしwww ⇒ sersai.com
Weblog: マ.ラ太郎
Tracked: 2009-05-24 08:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。